専カ1116:異文化コミュニケーション国際百科事典 全3巻
開催期間:2018/11/27~2019/03/31

The International Encyclopedia of Intercultural Communication(ICAZ – Wiley Blackwell–ICA International Encyclopedias of Communic

The International Encyclopedia of Intercultural Communication(ICAZ – Wiley Blackwell–ICA International Encyclopedias of Communic

著者:


【重要事項説明】

1.手配先によって価格が異なります。
2.納期遅延や入手不能となる場合がございます。
3.海外のクリスマス休暇等、お正月等の長期休暇時期の発注は、納期遅延となる場合がございます。
4.天候(国内・海外)により空港の発着・貨物受入不能の発生により納期遅延となる場合がございます。
5.複数冊数のご注文の場合、分納となる場合がございます。
6.美品のご指定は承りかねます。

  • 現地価格:$625.00
  • 組合員価格:¥76,213

内容の説明

本書は、体系だった6つのテーマで構成され、異文化コミュニケーション(ICC)の幅広い分野を分類しています。そのテーマとは、ICCの伝統的な中心的テーマである、「異文化(intercultural)コミュニケーション」、そしてそれに関連する5つのテーマ、すなわち「比較文化(cross-cultural)コミュニケーション」、「文化的(cultural)コミュニケーション」、「集団間(intergroup)コミュニケーション」、「異文化間の(intercultural)トレーニング」、「批判的異文化(critical intercultural)コミュニケーション」です。この百科事典は異文化コミュニケーションにおける民族性と人種の問題に別個のテーマとしてではなくそれぞれのテーマに含まれる部分として取り組んでいます。また、比較文化心理学(cross-cultural psychology)や文化人類学、社会心理学といったICCによるコミュニケーションの分野外の領域に関する項目も提供しています。 本書には19カ国の249名の著者による256の項目が収録されています。収録された論文は、ICCの理論や研究(例えば、ホールによる高文脈・低文脈のコミュニケーションシステムやホフステードの4次元)やICC研究にとって重要な方法論的課題(例えば、イーミックとエティックやサンプリングの等価性)、ICCの分野に直接的に関係する原著論文の研究成果のまとめ(例えば、メッセージ処理や言語的・非言語コミュニケーション行動に関係する変数の文化的差異に関する比較文化心理学的研究)に対して実質的に寄与した論題や理論、概念を取り扱っています。 【本書の特徴】 ・ICC分野の全般的な概観 ・強力でグローバルな編集チーム編纂の主要な研究トピック ・6つの研究テーマを概観する小論 ・比較文化心理学や文化人類学、社会心理学の交差する領域に関する情報

登録情報

商品コード:1024775319
出版社: John Wiley & Sons, Inc.
出版年月: 2017/12
ISBN-10: 1118783948
ISBN-13: 978-1-118-78394-8
出版国: アメリカ合衆国
装丁: hardcover/Geb./rel.
ページ数: 3 Vols., 2,160 p.
ジャンル: 国際社会学



PAGE TOP