に同じ書籍を注文されています。
再度ご注文されますか?




ナツカ18 The Oxford World History of Empire '20(Ox)
開催期間:2021/08/02~2021/10/31

The Oxford World History of Empire '20

The Oxford World History of Empire '20

著者:


【重要事項説明】

1.手配先によって価格が異なります。
2.納期遅延や入手不能となる場合がございます。
3.海外のクリスマス休暇等、お正月等の長期休暇時期の発注は、納期遅延となる場合がございます。
4.天候(国内・海外)により空港の発着・貨物受入不能の発生により納期遅延となる場合がございます。
5.複数冊数のご注文の場合、分納となる場合がございます。
6.美品のご指定は承りかねます。

  • 本体価格:¥54,039(税抜)
  • 組合員価格:¥39,000 (税込)

内容の説明

本書は、紀元前3千年紀から現在にいたるまでの帝国を世界史的にまとめた初めてレファレンスです。総合的な研究を結びつけることで、テーマ別の比較論文や特定の帝国についての章を含んだ全2巻からなる本書は、アジアからヨーロッパ、アフリカから南北アメリカまで歴史を通し、そして大陸を越えて、帝国主義について比類のない研究を提供いたします。ほんの数十年前には、帝国は過去のものであると考えられていました。しかし今では、帝国が政治組織の最も永続的な形式の一つとして残っていることは明らかです。比較的短かったヨーロッパの植民地主義など、個別の事例や特定の時代の研究を超えることなく、帝国のダイナミクスとレジリエンスを理解することは出来ません。本書が示すように、帝国の歴史はグローバル・ヒストリーという広い範囲で描かれる必要があります。  第1巻『帝国の経験』では、統合と比較に重点を置いています。包括的な理論的調査と大胆な世界史の総括に続き、15の章で文化や時代を越えて帝国の多面的な経験について分析し、考察します。帝国のスケールや、世界システム論と地政学、軍事組織、政治経済学とエリート形成、記念碑的なディスプレイ、法律、マッピングと記録、宗教、文学、政治の違い、抵抗、エネルギー伝達、生態学、記憶、そして帝国の衰退といった幅広い視点から追究します。この様々なトピックスは、権力という中心的なテーマに統合され、権力のシステム、権力の文化、権力の格差、そして記憶と衰退という4つのテーマの下で考察されます。これらをまとめ、第1巻は世界史における帝国の経験について包括的かつ独自の見解を示します。  第2巻『帝国の歴史』は、青銅器時代における国家形成の始まりから現在までの、様々に変化する政治的支配の歴史について研究します。事例研究は、アケメネス朝やアショーカ王の領土からマリ帝国およびソンガイ帝国、また古代ローマ帝国や中華帝国、ムガル帝国、アメリカの入植者植民地主義、そしてソビエト連邦まで、帝国の歴史的経験の全範囲を取り上げています。各帝国の歴史を詳述する45の章は、帝国の歴史を8つの時系列で構造化したグローバルな研究調査によってそれぞれ結び付けられています。

登録情報

商品コード:1032401858
出版社: Oxford University Press, New York
出版年月: 2020/12
ISBN-10: 0197533973
ISBN-13: 978-0-19-753397-0
出版国: アメリカ合衆国
装丁: hardcover/Geb./rel.
媒体: 冊子
ページ数: 1856 p., 16 halftones, 69 maps
ジャンル: 各種テーマ史



PAGE TOP