に同じ書籍を注文されています。
再度ご注文されますか?




専カ1128:コミュニケーション&批判的カルチュラル・スタディーズ事典 Ox
開催期間:2019/11/11~2020/03/31

The Oxford Encyclopedia of Communication and Critical Cultural Studies H 2131 p. 19

The Oxford Encyclopedia of Communication and Critical Cultural Studies H 2131 p. 19

著者:


【重要事項説明】

1.手配先によって価格が異なります。
2.納期遅延や入手不能となる場合がございます。
3.海外のクリスマス休暇等、お正月等の長期休暇時期の発注は、納期遅延となる場合がございます。
4.天候(国内・海外)により空港の発着・貨物受入不能の発生により納期遅延となる場合がございます。
5.複数冊数のご注文の場合、分納となる場合がございます。
6.美品のご指定は承りかねます。

  • 本体価格:¥98,076(税抜)
  • 組合員価格:¥77,885 (税込)

内容の説明

本百科事典は、コミュニケーション、修辞学、カルチュラルスタディーズの研究者らによる、大衆文化や政治風土に関する規範的論文を収載した資料集です。幅広い概念を注意深く概説しており、例えば、修辞学による身体の構築や、マルクス主義的伝統、フェミニストの伝統、ポスト構造主義の伝統、唯物論、社会運動、人種と反人種差別主義的批評、白人性、監視とセキュリティ、ビジュアルコミュニケーション、グローバリゼーション、ソーシャルメディアとデジタルコミュニケーション/サイバーカルチャー、パフォーマンス研究、『ポストヒューマン』的転回、批判的組織コミュニケーション、集団の記憶、ゲーミング、文化産業、植民地主義とポスト植民地主義、バーミンガム学派とフランクフルト学派、商品文化、批判的健康文化研究、国家とアイデンティティ、公共圏、精神分析理論と手法、感情理論、反ユダヤ主義、クィア研究、批判的論証学、ディアスポラ、開発、インターセクショナリティ、イスラム恐怖症、サバルタンスタディーズ、空間研究、修辞学とカルチュラルスタディーズ、ネオリベラリズム、批判的教育学、都市研究、脱構築、オーディエンス研究、労働、戦争、エイジング研究、母親研究、ポピュラーカルチャー、グローバルサウスにおけるコミュニケーション、等を取り上げています。 また本書は、カルチュラルスタディーズの分野における重要な思想家についても概観しており、例えばStuart Hall、Antonio Gramsci、Jesus Martin Barbero、Angela Davis、Ernesto Laclau、Raymond Williams、Giles Deleuze、Jurgen Habermas、Frantz Fanon、Chandra Mohanty、Gayatri Spivak、Michel Foucault、 Louis Althusser、Juan Carlos Rodriguez、Gloria Anzaldua、Paolo Freire、Donna Haraway、Georgio Agamben、Slavoj Zizek、W.E.B. DuBois、Sara Ahmed、Paul Gilroy、Enrique Dussel、Michael Warner、Lauren Berlant、Judith Butler、Jean Baudrillard、Walter Mignolo、Edward Said、Alain Badiou、Homi Bhabha、等を取り上げています。 各項目には、主要な参考文献と読書案内が付記されています。本書は、コミュニケーションと批判的カルチュラルスタディーズの分野における研究者や大学院生、学部生にとって必須の資料集となるでしょう。

登録情報

商品コード:1029578132
出版社: Oxford University Press, New York
出版年月: 2019/04
ISBN-10: 0190459611
ISBN-13: 978-0-19-045961-1
出版国: アメリカ合衆国
装丁: hardcover/Geb./rel.
媒体: 冊子
ページ数: 1984 p.
ジャンル: メディア・情報・コミュニケーション



PAGE TOP