専カ1088:スティーブンス実験心理学・認知神経科学HB第4版
開催期間:2018/11/27~2019/03/31

Stevens′ Handbook of Experimental Psychology and Cognitive Neuroscience, 4th ed.

Stevens′ Handbook of Experimental Psychology and Cognitive Neuroscience, 4th ed.

著者:

※ 手配先によって価格が異なります。
※ 「お届けまでの予想日数」は8割程度が入荷することを基準に目安として表示しています。
※ 状況により手配が出来ない場合や、「お届けまでの予想日数」の日数内で入手出来ない場合がございます。ご了承ください。

  • 現地価格:$1,250.00
  • 組合員価格:¥152,426

内容の説明

本書は実験心理学の専門書の中で最も優れたレファレンスです。 タイトルに名を冠する実験心理学の権威であるスタンリー・スミス・スティーブンスの研究と論文は、これまで多くの心理学者たちに多大な影響を与えてきました。 第3版が2002年に刊行され好評を博した後、実験心理学の分野は劇的に変化しました。長く心理言語学の研究の定番であった脳波測定だけでなく、MEG(脳磁図)やfMRI、TMS(経頭蓋磁気刺激法)、単一ユニット記録などの細胞外記録による実験が研究に加わるようになりました。純粋な行動心理学の時代はすでに過ぎ去ったことに、誰もが気づきました。今や、実験心理学は「認知神経科学」と密接に結び付いています。近年では、各国の主要大学が心理学部に認知神経科学の研究者を迎え入れており、その傾向は現在も続いています。 このような状況を鑑み、本書もタイトルを改め『スティーヴンス実験心理学・認知神経科学ハンドブック』として第4版を刊行いたしました。実験心理学と認知神経科学の基礎が一つになった唯一のハンドブックです。初版から第3版までの内容を全てカバーしながら最新の研究動向も反映し、心の理論をはじめ脳の理論、それらの認知神経科学への繋がりまで様々なテーマに焦点を当てています。 実験心理学・脳神経科学分野はもちろん、行動神経科学、社会神経科学、発達神経科学などを専門とする学生や研究者に必要不可欠なレファレンスです。また、専門図書館や研究図書室の必携書としてもお薦めいたします。 本書の特長 脳神経科学をより詳細に解説するカラー図版やイラストを掲載! 日々発展する実験心理学と脳神経科学分野の第一線で活躍している研究者が著者・編者として参加 前版よりもさらに充実した内容の全5巻!

登録情報

商品コード:1020188639
出版社: John Wiley & Sons, Inc.
出版年月: 2018/04
ISBN-10: 1119170168
ISBN-13: 978-1-119-17016-7
出版国: アメリカ合衆国
装丁: hardcover/Geb./rel.
ページ数: 5 Vols.
ジャンル: 実験心理学



PAGE TOP