専カ1117:近代オリンピック大会の歴史 ベルリン
開催期間:2018/11/27~2019/03/31

The XIth Olympic Games Berlin 1936 Official Report(Development of Modern Olympic Games)  2 Vols., 1250 p. 16

The XIth Olympic Games Berlin 1936 Official Report(Development of Modern Olympic Games) 2 Vols., 1250 p. 16

著者:

※ 手配先によって価格が異なります。
※ 「お届けまでの予想日数」は8割程度が入荷することを基準に目安として表示しています。
※ 状況により手配が出来ない場合や、「お届けまでの予想日数」の日数内で入手出来ない場合がございます。ご了承ください。

  • 本体価格:¥138,000
  • 組合員価格:¥134,136

内容の説明

世界融和を謳うオリンピックは、ナチズムのアーリア民族優位思想とは相容れないとして、当初は否定論者であった独裁者ヒトラーが、ナチス最初の大規模な国際的政治プロパガンダの場とすべく、その施設、宣伝、運営に莫大な予算を投入したオリンピック史上初の、国家行事として開催した大会。財政面で不安定であった過去の大会と異なり、運営面では、大きく前進し、近代オリンピック発足当初クーベルタンの構想したものとなりました。 計測技術の向上はもとより、ギリシャ・オリンピアで採火された聖火を会場にリレーで運ぶ聖火リレーの開始、映画史に残る記録映画の傑作「民族の祭典」「美の祭典」が残された点も特筆されます。しかし世界恐慌後の国家財政破綻のなか、革新勢力を暴力的に抑圧し、第一党に躍進したナチスが導くナショナリズムのさらなる高揚に多大な貢献をしたとされ、その後のオリンピックの政治利用の原型となりました。アメリカ、カナダ、イギリス、フランスでは1935年中頃にユダヤ人組織による大規模なボイコット運動が巻き起こります。この大会後、1939年9月に第二次世界大戦が勃発し、第12回東京大会と第13回ロンドン大会が中止されたため、この大会が大戦前最後のオリンピックとなりました。ベルリン大会は、オリンピックが外部の圧力によって大きく変質させられた最初の機会として、現在でも各分野からの活発な研究がなされています。本書は、大会の全容を豊富な写真図版と共に総括する、稀少な一次資料です。

登録情報

商品コード:1016924043
出版社: EPM
出版年月: 2016/07
ISBN-10: 4905211093
ISBN-13: 978-4-905211-09-9
出版国: 日本
装丁:
ページ数: 2 Vols., 1250 p.
ジャンル:



PAGE TOP